background_img

about work 事業案内

土木部

当部門は、主に軌道及び土木構造物(橋梁、ホーム等)の巡視・検査、補修、新設、改良を行っています。
軌道は一般的な構造としてレール、マクラギ、道床、路盤から構成されていますが、日々の列車荷重により変位が発生するため、昼夜を問わず軌道を良好な状態に整備する必要があります。そのために、昼間は点検や整備を行い、終電後は大型保守機械(マルチプルタイタンパー)等を使用して大規模な補修、改良を実施しています。安全で確実な業務を遂行することにより、列車の安全運行の礎を担っています。また、工事に必要な線路資材及び保線機器・機械の販売も行っています。

軌道及び土木構造物の巡視

軌道及び土木構造物の巡視01 軌道及び土木構造物の巡視02

軌道の定期検査

軌道の定期検査01 軌道の定期検査02

軌道及び土木構造物の補修、改良

軌道及び土木構造物の補修01 軌道及び土木構造物の補修02

大型保守機械での軌道整備

大型保守機械での軌道整備01

鉄道高架橋(連続立体交差事業)の新設

鉄道高架橋(連続立体交差事業)の新設01